グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



ホーム  > 賃貸住宅ローン  > 賃貸住宅ローン金利引下げプラン

賃貸住宅ローン金利引下げプラン

提携ハウスメーカー様向け 金利引下げプラン

平成29年6月お借入時の適用金利および金利引下げ幅をご案内しております。
(金利は毎月見直しを行います)
金利タイプ標準金利最大引下げ時金利貸付手数料(税込)
当初固定期間当初固定期間終了後
3年固定
特約型
年3.10%年2.35%
(賃貸標準金利比 年▲0.75%)
賃貸標準金利比
年▲0.40%
ご融資金額×0.540%
(最低108,000円)
5年固定
特約型
年3.20%年2.45%
(賃貸標準金利比 年▲0.75%)
賃貸標準金利比
年▲0.40%
短プラ連動
変動金利型
年2.775%年2.075%
(賃貸標準金利比 年▲0.70%)
全期間 賃貸標準金利比
年▲0.70%

注意ください

  • 金利引下げプラン適用金利、標準金利は毎月改定いたします。また、ご融資金利はお申込時点ではなく、お借入時点の金利が適用となります。なお、適用期間中でも金利情勢により変更する場合がございます。
  • 協住賃貸住宅ローンの貸付手数料を含めた実質年率は、2.102%~3.226%です。(借入金額5,000万円、借入期間35年、元利均等毎月返済、繰上返済なし、35年間同一金利で計算しています)
  • 固定金利特約期間経過後は、その時点の適用金利による「固定金利特約型」の継続も可能です。お申し出がない場合は変動金利型となります。ただし、いったん変動金利型へ切替されたのちは、以降固定金利特約型への再選択はできません。
  • お借入れ当初から「変動金利型」を選択した場合は、借入期間中に「固定金利特約型」へ切り替えることはできません。
  • 貸付手数料は融資実行時にお支払いいただきます。

貸住宅ローン金利引下げプラン適用条件

  1. 平成29年9月末までに申込受付、平成30年3月末までに融資実行のお客様
  2. 対象となる賃貸住宅ローンを新規にご利用いただくお客様
  3. 弊社提携ハウスメーカー様を経由してお申込いただく方

※金利引下げプラン適用には、その他、担保、収支内容等において一定の審査条件がございます。上記最大引下げ時金利は最も引下げた際の金利であり、引下げ幅は審査により異なります。審査の結果によりご融資できない場合、もしくは賃貸標準金利を上限とした金利を適用させていただくことがございます。
※延滞が発生した場合には金利引下げプラン適用を中止し、金利を引き上げさせていただくことがございます。

賃貸併用住宅の場合、金利がお安くなる場合があります。詳しい金利情報については、 アパート・賃貸併用住宅ローン適用金利一覧をご覧ください。


PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。